女性だけではなく、最近では男性でもまつげ育毛をしている人も多いですよね。

女性はある程度メイクで目を大きくみせることができますが、男性にとってまつ毛があるだけで目元の印象が大きくかわってきます。

 

ですがそんな中、まつ毛を抜く癖がどうしてもやめられない!という人が増加中です。

あなたが、まつ毛を抜きはじめた原因は何でしょうか?

クセをやめるための対処法・ケア方法をご紹介していきます。

 

 まつげを抜いてしまう原因は?

このまつげを抜いてしまうクセは、まつげの「抜毛症」と呼ばれています。

自分で自分のまつ毛をぬいてしまうので、脱毛症とは違うようです。

 

ストレスで無意識に繰り返してしまう行動

woman

精神的なストレスや不安を感じると、無意識に髪の毛やまつ毛を抜いてしまう、これを繰り返してしまうと精神的疾患に繋がる可能性があります。

 

まつげを抜くことがクセになってしまうと、

「まつ毛の抜毛をやめたいと思っているにもかかわらず、なぜか抜いてしまう」

このような内面的な衝動にかられるようになる、強迫性障害にも似ていることからだそうです。

 

原因になるものとしては・・・

  • 仕事や勉強でストレスが溜まってる
  • 家庭環境がうまくいってない
  • 生活環境に変化があった など

 

はっきりとした原因はわからないものの、ストレスからくる自律神経の乱れと深く関係しているようです。

 

まつげを抜かないようにする対処法

次に大切なまつ毛をぬかないようにするには?対処法をご紹介します。

まつげを抜きそうになったらお茶を飲む

teaまつげを抜く行為がクセづいてしまっているので、まずはその回数を減らすことが大切です。

抜きたいという感情が起こったときは、何かしら極度のストレスを感じてるということですので、その行為を一度止めるために、ゆっくりお茶を飲んでみましょう。

 

それから、なぜまつげを抜きたいという感覚になるのか自分自身をチェックしてみましょう。

  • 時間帯(一人になると抜いてしまう など)
  • 何をしていたときか(考え事をしながら とか)
  • 何を思っていたときか

 

check確認していくことで、今までなんとなくまつ毛を抜いてた人もどんな時に抜いていたかが把握できていきます。

また、家族の前で抜いていたら止められますので、自分で止められないという場合には、1人になる時間を少なくして、抜かない生活に慣れていきましょう。

 

病院にいったほうがいいの?

hospitl精神的な疾患が関係している分、症状が強い場合「心療内科」や「内科」で相談することもできます。

ですが、自律神経の薬は続けて飲むと、依存してしまう人も多いため個人的にはあまりオススメできません。私も以前に自律神経の薬(安定剤)を飲んでいましたが、今でも外出時は薬を持っていないと不安に感じるほどです。

 

ストレスは、幸せのホルモン【セロトニン】の分泌不足が関係しています。

これには、セロトニンを補うサプリメントの利用も有効です。ストレスや休息成分を補うと心のバランスを整えるため飲むと不思議と落ち着きます。

 

下記のセロトニンを増やす生活習慣ともに、みなおしていってみましょう。

 

※セロトニンを増やす生活習慣

woman♡早寝・早起き

セロトニンが日中の太陽があがっている時間帯に分泌されやすいことと、ヒト本来の生活リズムに戻すことが、分泌を増やすキーポイントとなります。

 

♡複式呼吸をしよう

ウォーキングでもよいですが、いきなり運動がむずかしい方は、音楽をききながら深い呼吸をくりかえしてみましょう。ヨガなどゆっくりできるストレッチもオススメです。

 

♡セロトニンを作る食べ物

セロトニンには、トリプトファンとビタミンB6が必要なので、この2つを栄養素を意識してとりいれてみましょう。

  • トリプトファン・・・豚肉・かつお・牛乳・パスタ・チーズ・納豆 など
  • ビタミンB6・・・サンマ・お米・とうがらし・にんにく など

 

 

heartあたり前のようなことですが、毎日の食生活と睡眠・軽い運動がカラダのバランスを整えていってくれます。

少しの変化がまつげを抜く習慣を減らすきっかけとなれば、また新しいまつげだって生えてきます。

 

普段の生活から少しずつ変化させ、セロトニンを増やしてHAPPY気分になりましょう。

 

抜いてしまって減ったまつげを復活させるには、

まつ毛を伸ばす食べ物を積極的に食べる

身近にある大豆類(納豆や豆乳など)ビオチン成分が豊富な食材から始めるのもオススメです。

 

まつ毛サプリメントから栄養素をとって”マツイク”を手軽に毎日続ける

サプリメントの中にはまつ毛の栄養を吸収しやすくするサポート成分のビタミンB6や、ミネラルなども豊富で美肌や髪・爪を丈夫にする効果もあります。

 

フサフサまつ毛になれば、可愛くメイクできて外出するのも楽しくなりますね。

 

⇒敏感肌の私が選んだ『まつ毛育毛』ベスト5!

 

まつげを伸ばす!関連記事


毛根が抜けるとまつ毛は生えてこないのか?育毛するための方法とは... どうして、まつ毛が抜けると中々生えてこないのでしょうか。   最近、まつ毛が抜けてスカスカになってきた 抜けてからだいぶたつけど生えてこない まつ毛が毛根から抜けると生えないの?   しばらく生えてこないと、まつ毛に対する不安が増え...
1日にまつげが抜ける本数は?周期が短い・10本以上はスカスカに!?... まつげも髪のと同じように、自然と毎日ぬけおちています。 髪の毛は、シャンプーをした時に抜けることが多くわかりやすいと思いますが、まつ毛ってメイクの時にとれないかぎりは案外気づきませんよね。   ところで、まつげの本数を数えたことのある人はいないと思いますが・・・。...
まつ毛が切れる・枝毛になる原因はなに?ダメージを溜めない方法って?... メイクをした時、なんだか前よりまつ毛の長さが短くなった気がする!? そんな気がして、マスカラで今から伸ばそうとしていたその時、まつ毛が上がらず途中でストップしてしまったからショック( ゚Д゚) こんな経験は私たけではないハズです。   実は、まつ毛も髪の毛と同じように様々な...
安い価格(プチプラ)でまつ毛を育毛する方法って?... 髪の毛の育毛っていうと、   高いものでは、「1万円以上」?   というイメージがあるのは私だけではないのでは?   髪の育毛剤は様々な種類があります。 ヘアサイクルもあるので、時間もかかりますよね・・・。 &nb...
まつ毛を増やす食べ物5選とは?伸びる・ふさふさに効果的な栄養素って?... >育毛の栄養が2粒に凝縮!グングン伸びるまつ毛サプリ<   顔の印象を大きく左右する目元!大切な表情を左右する目をパッチリと可愛い表情にみせるのがまつ毛の役割でもあります。まつ毛を美しく伸ばすには、まつげ美容液やマッサージなど「外側」からのケア、体の「内側」からのケアも大切です...